SponsoredLink

山道でのウォーキングダイエットの注意点

ウォーキングに慣れ近所を歩くのに飽きてきたら、次に考えるのはハイキング。平坦な道より山道の方が負荷が高そうだし、ダイエット効果もその分高そう…とステップアップを目指すのはいいことですが、山道ですのでそれなりに注意も必要となります。


まず、ダイエットが目的なんだからと無理しすぎるのは禁物。山道はいつものウォーキングに比べ、足や膝、腰にも負担がかかります。特に下り坂や階段は痛める原因になります。ダイエットのためのウォーキングなのに、足を痛めては続けることすらできなくなります。無理をせずに自分に合わせてコースを選ぶ、これが山道ウォーキングで一番大事です。


また、特に夏場であれば虫に注意!山ですから何が出てきても不思議ではありません…。草木にかぶれることもありますので、できれば長袖を着用したほうが無難です。一人で行く場合には万が一に備えて、携帯電話など連絡が取れるものを持っていくことも必要かもしれませんね。


あとは、普段のウォーキングでも同じですが、水分をしっかりと補給すること。喉が渇いたなと感じる前に水分を摂るように心がけましょう。


ダイエットだから水分すら摂らないほうがいいなんて、間違った考えです。ウォーキングダイエットは、基礎代謝をあげてカロリーを消費する身体を作るダイエット。汗をかいて即痩せるという性質のダイエット法ではないのです。きちんとした水分補給をしてくださいね。


気を付けるべきことは気を付けて、ウォーキングダイエットも少しずつレベルアップしていきましょう。ダイエット効果も、きっと上がってくると思いますよ。

ウォーキングダイエットの最終形?山道ウォーキング!

ウォーキングダイエット、続けていくうちに街中を歩くだけでは物足りなくなってきます。毎日とはいきませんが、週末などには山道ウォーキングへ出掛け、気分転換をはかりながら、ウォーキングダイエットを行うのがオススメです。


山道でのウォーキングダイエット実践は、いわばウォーキングダイエットの最終形(笑)。街中に比べかなりキツイです。あまり張り切りすぎて、最初から無茶しないように。起伏のある道なので、足や膝、腰にも負担がかかります。自分の体調に合わせたコース選びをしましょう。


また、山道を歩くといってもあくまでもウォーキングダイエットの一環。山登りをするわけではありません。是が非でも目的地を目指すのではなく、無理そうなら途中で引き返すことも必要。足を痛めてウォーキングダイエット自体ができなくなるようなことにならないよう、準備体操も念入りにしておきましょう。


山道でのウォーキングは、普段のウォーキングではできない体験がたくさんあります。四季移り変わる自然の姿、山ならではの空気、街では聞けない鳥たちの声。五感で楽しみつつウォーキングできるのです。それが結果的にはダイエットにつながるんですから、ありがたいことですね。


山道でのウォーキングダイエット、たまには取り入れてみてはいかがですか?コースを完走した達成感と体重測定の楽しみをお土産に帰ってくれば、また明日からの街中ウォーキングも頑張れると思いますよ。

ダイエットするならウォーキングはいかが?

ウォーキングは文字通り「歩くこと」ですね。皆さんは日々どの程度歩いていますか?移動はほとんど車だったり、階段よりもエスカレーターを無意識に利用していたり…。案外と歩いていないものです。もしダイエットを考えているなら、この際ウォーキングでダイエットはいかがでしょう?


ウォーキングなんかでダイエットに効果があるのか?と疑問に思われるかもしれません。しかし、ウォーキングはれっきとした有酸素運動。しっかりとウォーキングを行えば、汗も大量にかくし立派な運動になります。


ウォーキングダイエットの利点は、自分のペースに合わせて実行できること。ウォーキングする時間帯も場所も、自分の都合に合わせて行えます。ウォーキング=歩くことなので、年齢性別問わず、誰でもできるダイエットでもありますね。


また、続けてこそ意味のあるウォーキングダイエットは、短期型ダイエットのように身体に負荷をかけすぎたり、無理しすぎたりする心配が少ないため、比較的挫折しにくいかもしれませんね。


ウォーキングダイエット、ちょっとやってみようかなって思いました?それなら是非今日からでもまずは散歩感覚で近所を歩いてみてください。ただし、靴だけは歩きやすいものを選んでくださいね。ウォーキングは歩くこと。身構えることなく、とりあえずは歩き始めてみることが、ダイエットにつながっていきますよ♪


ダイエットは継続できるものを選ぶのが一番。毎日必ずやる、歩くという行為=ウォーキングで、ダイエットにトライしてみませんか?